ひとり親家庭への支援(貸付事業)

事業の内容

<訓練促進資金>

高等職業訓練促進給付金を活用して養成機関に在学し、看護師等の就職に有利な資格の取得を目指すひとり親家庭の親に対して、養成機関への入学準備金、及び養成機関を修了後に就職する際の就職準備金を貸し付ける事業です。

<住宅支援資金>

母子・父子自立支援プログラムを受け、自立に向けて意欲的に取り組むひとり親家庭の方に家賃として住宅支援資金を貸し付ける事業です。

対象者

<訓練促進資金>静岡県内に住民登録があり、高等職業訓練促進給付金を受給している方

<住宅支援資金>静岡県内に住民登録があり、母子父子自立支援プログラムを受けている方

貸付額

<訓練促進資金>

・ 入学準備金 50万円以内(養成機関入学時)
・ 就職準備金 20万円以内(養成機関修了後、かつ資格を取得時)

<住宅支援資金>

・入居している住宅の家賃の実費(上限4万円/月)を、12カ月の範囲内

利子

無利子(ただし、連帯保証人を立てない場合は年利1.0%)

連帯保証人

<訓練促進資金>原則、成年者で独立の生計を営む者を1名立ててください。

<住宅支援資金>連帯保証人 不要

返還の免除

次のすべてを満たした場合、全額返還免除となります。

<訓練促進資金>

  1. 養成機関の課程を修了し、かつ資格を取得した日から1年以内に就職
  2. 取得した資格が必要な業務に5年間従事

※養成機関を途中で退学した場合は、全額返還となります。
※就職後、本人の責による事由により免職された場合や特別の事情がなく恣意的に退職した場合には、全額返還となります。
※就労期間が5年未満の場合でも、一部免除されることがあります。

<住宅支援資金>

1.現に就業していない者が住宅支援資金による貸付を受けた日から1年以内に就職又は現に就業している者が

プログラム策定時より高い所得が見込まれる転職等をし、1年間引き続き就業を継続したとき

※プログラムが未達成、就業から1年以内に離職された場合は返還となる場合があります。

申請書類等

(入学準備金の貸付を申請する場合)

  • 訓練促進資金貸付申請書(入学準備金)
  • 高等職業訓練促進給付金支給決定通知書の写し
  • 世帯全員の住民票の写し(3ヶ月以内発行のもの)
  • 申請者の印鑑証明書
  • 養成機関合格(入学許可)通知の写し
  • 連帯保証人の住民票の写し及び印鑑証明書(連帯保証人を立てる場合)
  • 在学証明書(入学から6か月以上経過する時)

(就職準備金の貸付を申請する場合)

  • 訓練促進資金貸付申請書(就職準備金)
  • 高等職業訓練促進給付金支給決定通知書の写し
  • 世帯全員の住民票の写し(3ヶ月以内発行のもの)
  • 申請者の印鑑証明書
  • 養成機関の卒業証書及び資格取得試験合格通知の写し
  • 連帯保証人の住民票の写し及び印鑑証明書(連帯保証人を立てる場合)

(住宅支援資金の貸付を申請する場合)

  • 訓練促進資金貸付申請書(住宅支援資金)
  • 自立支援プログラム策定の証明書
  • 申請者の世帯全員の住民票(発行から3カ月以内のもの)
  • 家賃がわかる書類の写し

 

提出方法

静岡県社会福祉協議会まで、持参又は郵送(配達記録等)で提出してください。

申込み・問い合わせ先

〒420-8670 静岡市葵区駿府町1-70
静岡県社会福祉協議会 生活支援課
TEL:054-254-5244